当サイトのトップページにジャンプします

お問い合わせはお電話でも賜ります お気軽にどうぞ

特定商取引

お問い合わせ

心が共鳴する癒しの空間
当サイトは、リニューアルしました!
3秒後にhttp://gooup.weblogs.jp/scalarlamp/ にジャンプします

自動的に変わらない場合は>>ココをクリックしてください

スカラーランプを灯した空間は
「心が落ち着く」
「心が穏やかになる」
「イライラが治まる」
「感情の起伏が緩やかになる」などの現象が現れます

この現象は、ゼロポイント光共鳴エネルギーの
「ゼロ点に引き戻す力」
「ゼロ点に向かわせる力」
「ゼロ点を保持する力」
が、人の「心(体)」と共鳴することにより起こります




弊社の製品をお使いになったことがある方なら、容易に想像できると思いますが、この現象は「位相共鳴ゼロポイントの共鳴現象」によるものです

しかし、マー癒やエムキャンなどの「ゼロポイント共鳴力」とこのスカラーランプの現象力は、同じ位相共鳴加工を施している点は同じですが、スカラーランプの場合は、光とゼロポイントを共鳴させている点が大きく異なります

光は、物質や成分とは異なる虚的な存在

この光とゼロポイントを共鳴させることで、その光に包まれる、照らし出される空間の「場」を変えてしまうのがスカラーランプです

光が虚的な存在である様に、私たちの心や精神といったものも虚的な存在です

落ち込んだり、イライラしたりすることは誰もが経験することですが、それをコントロールするのは自分自身

もちろん、落ち込んだときに慰めてくれたり、励ましてくれる誰かの力も救いにはなるのですが、いつもいつもその人が側にいてくれるとは限らないし、相手だって人間だから落ち込むことだってあるだろうし、イライラすることもあるから甘えてばかりいられません

落ち込んだり、イライラしてる人は、表情やしぐさだけでなく、何かしらの雰囲気を醸し出しているはずです

気まずい雰囲気や殺気立ったところのことを「場が悪い」とか言いますよね。と同じ様に暗い感じが漂う人や場所に出会うと、なんとなく嫌な感じがすることはありますよね

こんな「気」を感じるところ空間を「場」と言うのですが、スカラーランプが放つ光は、暗い感じや嫌な感じをゼロポイントが打ち消し、本来ある自然な「場」にしてくれるのです

この光共鳴現象は、「意識する・しない」に関わらず起こるものですが、昨今流行の言葉で言えば、空気の読めない人や場を弁える感覚がわからない人には、わからない・感じられないかも知れません

わからない人はわからない
しごくまっとうなことだけど、わからない人にわかってもらおうなんて考えはありません

ただ一つ言えることは、そんな人でもスカラーランプの光に包まれると、その人が意識しなくてもゼロポイントと共鳴するってことは確かです

スカラーランプを灯した空間に住まう「あなた」はもちろん、そこに集う人すべての心(体)とゼロポイントは共鳴するので、その変化は「あなた」だけが知っていればいいのです

何故なら
スカラーランプを灯す空間は「あなた」の空間(部屋)だから・・・

心(体)と共鳴するゼロポイント
「心」は
人により様々なイメージを抱くものですが、その本質は「生命そのもの」であり、「命(いのち)の躍動」といえるものです

「心」は
一般に内面世界をさすものですが、心に曇りやかげりがあるときは「それ」が表(おもて:面)に現れます

「目は口ほどにモノを言う」とか「目を見ればその人の心がわかる」などというのは、「それ」が表に現れるからでしょう

これを違う言い方で表現すると、内面(心)が表(おもて:面)に現れるとは、内面(心)が外在世界(空間)に反映すると言うことでもあるのです

この内面(心)→外在世界(空間)というベクトル(向性・流れ)に対して、その逆向きのベクトルとして作用するのがスカラーランプの光共鳴エネルギー

人間の内面世界である「心」の有り様(状態)は、外在世界というその人の周りを取り囲む空間に反映される(場)のです

であるなら、心を包み込んでいる外在世界である空間をゼロポイントと共鳴する空間場にするなら、「それ」に包み込まれる「心」は、意識する・しないに関わらずゼロポイントと共鳴して、本来ある心の状態に収束することとなるのです







ゼロポイント光共鳴エネルギーに包まれ共鳴したあなたの「心(体)」は、あなたが意識しなくとも自然と「心」が収束・安定の方向に導かれます

それは恰も「混沌とした状況に秩序と調和がもたらされる」かの様に穏やかさを取り戻して行くのです

私たち人間は一日に五万回も「思ったり・考えたり・感じたり」していると言われます

見たり・聞いたり・触れたり・匂いを嗅いだり・味わったり…

これらは、五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)を通じて行なわれます

下の画像をご覧下さい
これは、心と意識と、五感を通じて入ってくる外在世界の事象との関係性を表したものです







青い線で囲んだ部分があなたの肉体です
心はその中にあるのですが、心の外側には「意識」という心のフィルターがついています

目で見たり、耳で聞いたりする外在世界の事象は、すべて五感を通じて入ってきます

意識は物心ついたころから形成されてくるのですが、その形成は、育つ環境、つまり親や兄弟、おじいちゃんおばあちゃん、親戚の人など、あなたを取り巻いていた人たちの接し方によって形成され育まれます

この環境があなたの意識つまり、モノの見方や捉え方、考え方を作って行くのです
※人の育つ環境は千差万別 通常とは異なる環境で育った方もお見えになりますし、環境の歪みにより、逆の捉え方をしてしまう生き方を経てきた人もお見えになります

五感を通じて入ってくる外在世界の事象は、心のフィルターによって「A」という事象を「A」のまま素直に受け止めることができる人も居れば、「A」という事象を「B」として受け止めてしまう人もいます

これは、それまでに培われ形成されてきた「心のフィルター」の為せる業なのです

「心」は本来、純粋で素直なものです
純粋で素直とは、きれい事ばかりではありません

生きるという生命の本能的な部分は、とてもクールで恐ろしい側面を併せ持っているのが人間です

それをセーブする、自分と他者との関係性を良好に保ち、自分という自己存在を存続させたいと思うのも本能です

そこで必要となるのが「理性」です
「理性」とは、本能の求めを認めつつ、本能(心)が納得するモノの見方、捉え方、考え方をさすべきモノだと思います
※深い部分は詰めません 悪しからず・・・

誰にも「良心」があります
自分の「心」が歪んでいるかも知れないと自省的思考が働く人は、「心」が病んでいません

病んでいないけれど、自省的思考を伝える術を持ち合わせていないのが「悩み」となるのです

心と意識はこの様な関係で構築され、日々生きているのが人間です

物質世界で生きる私たちは、心が素直に受け止めることができる「心のフィルター=意識」を自分自身の力で整えたり、変えてやることが重要なのかも知れません

ゼロポイント光共鳴エネルギーの光に包まれながら、その光を見つめながら、自問自答してみてください

ゼロポイント光共鳴エネルギーの光との対話は、自分自身の心を落ち着かせ、穏やかな心で物事を考える道を開いてくれるはずです

信じるべきものは、素直な自分との対話から生まれます

共鳴空間場<<前項:次項>>念の向性


このページの一番上にジャンプする

クリックすると直前に表示していたページに戻ります 戻れない場合はブラウザの戻るボタンをクリックしてください


共鳴空間場

念の向性

空間のモノ化

向性の対立

応用と活用

よくある質問



神経症・うつ


ちょっと一言
ストレス社会を反映し、巷には精神世界・スピリチュアル・ヒーリング・願望成就・気孔・波動など様々な商品やサービスが氾濫しています
心や精神が不安定なときは「生命の揺らぎ」が本来のリズムからかけ離れ偏重しているもの
「類は友を呼ぶ」の諺通り得てして歪んだレベルと同調し易い傾向が強くなります
悩みや問題を抱えている場合は冷静な思考、客観的な判断が取れないので、焦らず落ち着いて考えましょう
(この意味がわかる人はまだ大丈夫です)



Powerd by ZERO-POINT-GOOUP Copyright(c)2003-2007 ZERO-POINT-SCALAR-POWER ALL RIGHTS RESERVED.kintrex&power&Majikaru